ディスプレイ用フォトマスクレーザー描画装置Prexisionシリーズを受注

ディスプレイ用フォトマスクレーザー描画装置Prexisionシリーズを受注                                           



2010年2月26日-Micronic Laser Systems                                               
AB(マイクロニックレーザーシステムズ、本社:スウェーデン、以下「マイクロニック」、日本法人:マイクロニックジャパン株式会社、東京都府中市、代表取締役社長:河田
卓)は本日、レーザー描画装置Prexision-10をアジア地区の顧客から受注したことを発表しました。今回受注した装置は第8世代までのフォトマスク製造用に限定さ
れますが、将来的に第10世代までのフォトマスク製造用にアップグレードすることが可能です。この装置は2010年第2四半期の出荷を予定しています。         

マイクロニック社長兼CEO Peter Uddforsのコメント:                                               
「市場の顕著な回復と、既報の通り新規及び既存のディスプレイ製造ラインへの投資の結果、第8世代ディスプレイ用フォトマスクに対する強い市場需要があり、既存の描画装置
の稼働率も上昇しています。フォトマスク需要の増加が、従来の描画装置に比較してより高精細で高スループットなPrexisionシリーズの今回の受注に結びついたことを
嬉しく思っています。」                                                                     


***本件に関するお問い合わせ先***                                                             
マイクロニックジャパン株式会社                                                                 
Tel: 042-354-1329  Fax:042-354-1321                                             
広報担当 梁瀬 恵美子                                                                     
E-mail: info@micronic.co.jp

Subscribe

Documents & Links