レーザー描画装置Sigma7500をアジア地区の顧客から受注

レーザー描画装置Sigma7500をアジア地区の顧客から受注                                                  

2010年6月14日-Micronic Mydata                                                      
AB(マイクロニック・マイデータ、本社:スウェーデン、日本法人:マイクロニックジャパン株式会社、東京都府中市、代表取締役社長:河田               
卓)は本日、レーザー描画装置Sigma7500をアジア地区の顧客から受注したことを発表しました。この装置は2010年下期の出荷を予定しています。        

マイクロニック・マイデータ社長兼CEO Peter Uddforsのコメント:                                         
「今回の受注は、Sigma7500が最先端ノードのフォトマスク量産におけるコスト削減に有効であるということを裏付けるものです。今回、お客様が広範囲にわたる評価の
結果、Sigma7500を選んで下さったことをとても嬉しく思っています。」                                           

Sigma7500は、先端技術のノードに対応する解像度と精度に加えて、電子ビーム描画装置より大幅に高い生産性をご提供します。製造コストとターンアラウンドタイムを
低減させ、それによりコスト削減と納期短縮を可能にします。                                                    


***本件に関するお問い合わせ先***                                                             
マイクロニックジャパン株式会社                                                                 
Tel: 042-354-1329  Fax:042-354-1321                                             
広報担当 梁瀬 恵美子                                                                     
E-mail: info@micronic.co.jp

Subscribe

Documents & Links