赦しの絵文字検索が激しさを増す – 元大統領が勝利のデザインを選ぶ

赦しを象徴する絵文字を求めるキャンペーン Forgivemoji」 が、まもなく終了します。タルヤ・ハロネン前フィンランド大統領は、何百もの一般市民によるデザインアイデアの中から、当選者を選びました。

ハロネン氏が選んだ絵文字は、ハートの背景の前に親指を打ち上げる2本の手がデザインされています。そのデザインは、ポジティブな感情面と、赦しがもたらす平和を構築する効果を強調するものです。

ハロネン氏が選択したデザインは、公式な絵文字の選定を管理するコンソーシアムであるユニコードに今後提供されます。

「現在の議論の雰囲気は、しばしば非常に両極化しています。私はオンライン会話により多くの共感と節度があり、自分の間違いを認めるものであってほしいと思っています。今や絵文字は人と人とのコミュニケーションに欠かせない要素となっています。だからこそ世界には「許します」という絵文字が必要なのです。ハロネン氏は以下のように言っています。

「フィンランドは、平和構築と技術の両方において、世界の力として大きな評価を受けています。Forgivemojiキャンペーンは、これら2つのフィンランドの強みを巧みに融合させたものです。私がこのキャンペーンに参加することで、絵文字を正式な絵文字として受けやすい入れられるのではないでしょうか」とハロネン氏は言っています。

世界のForgivemojiキャンペーンは2019年後半にフィンランドで始まりました。公式の絵文字カタログには現在3,000個以上の絵文字が含まれるようになりましたが、現在までその中には赦しを象徴するものはありません。

「ハロネン大統領は、絵文字候補を選ぶのにぴったりの人物でした。赦しのための絵文字の目的は、ハロネン氏が在任中と在任後の両方で行ったように、人々の間に橋を架けることです」 と、Forgivemojiキャンペーンの原動力となったフィンランド福音ルーテル教会のコミュニケーションディレクターであるトゥオモ・ペソネン氏は語っています。

特定宗派に属さないForgivemojiキャンペーンの主催者には、CMI Crisis Management Initiative、Clear Channel、広報代理店Kaiku Helsinki、Finn Church Aid、Deaconess Foundation、Felm、Church in Helsinkiなどがあります。

2021年に使用しているForgivemojiとは?

Forgivemojiのキャンペーンは国際メディアで大々的な宣伝を受けました。このストーリーはBBC、The Guardian、ABC Australiaなどで取り上げられました。ソーシャルメディアでは、このキャンペーンは世界中で二百万人以上の人々に広がりました。

このキャンペーンでは、赦しの絵文字がどのようなものであるべきかについて、自分たちのデザインを発信するよう一般の人々に呼びかけました。数百件の応募の中から、ハロネン元大統領は、キャンペーンで公式の絵文字申請を使用してユニコード組織に次回提示するデザインを選びました。新しい絵文字の基準には、必要性、予測される使用頻度、明確さなどの要素が含まれます。

ユニコードコンソーシアムは、この申請に基づいて、毎年更新される正式な絵文字選択の一部として、Forgivemojiが含まれるかどうかを決定します。絵文字がユニコードの基準を満たしている場合、さまざまなデバイスメーカーとサービスプロバイダーがそれぞれの用途に合わせてデザインを変更することになります。絵文字が公開される可能性が最も高いのは、2021年後半になる予定です。

Forgivemojiキャンペーンの次のステップはforgivemoji.comやTwitter、Instagramのハンドル@forgivemoji、ハッシュタグ#forgivemojiでフォローすることができます。

連絡先

フィンランド福音ルーテル教会

トゥモオ・ペソネン

コミュニケーションディレクター

tuomo.pesonen@evl.fi

+358 50 378 0041

Subscribe

Media

Media