マスク描画装置 SLX を 2 台受注

2021年7月20日 - Mycronic AB(マイクロニック、本社:スウェーデン、日本法人:マイクロニックテクノロジーズ株式会社、東京都調布市、代表取締役社長:呉 健治)は本日、フォトマスク描画装置SLXをアジア地域の新規顧客から2台受注したことを発表しました。受注金額の価格帯は700~1000万USドルで、2台とも2022年第2四半期に出荷される予定です。

レーザーマスク描画装置SLXは、半導体業界で需要が高まっているフォトマスクに対応するとともに、今後予想される老朽化した装置の置き換えおよび近代化のサイクルをサポートします。半導体製造におけるフォトマスクの約70~75%がレーザーマスク描画装置によって描画されており、その位置づけは今後更に重要になると言えます。最新の半導体用マスク描画装置SLXは、マイクロニックのディスプレイ用マスク描画装置と同じ技術をベースにしています。

マイクロニック 描画装置担当上級副社長Charlott Samuelssonのコメント:

「新しいお客様にマスク描画装置SLX 2台をお届けすることをお任せいただき非常に嬉しく思います。今回の受注は、性能、生産性、信頼性に優れたSLXが、急速に成長する半導体業界向けにフォトマスクを製造するお客様にとってコスト効率の良い装置であるということをはっきりと示していると思います。」

マイクロニックはフォトマスクを製造するマスク描画装置を提供しており、様々な分野で使用されています。ディスプレイ(テレビ、スマートフォン、タブレット等)用、半導体用及び多目的用途の描画装置を取り揃えており、幅広いアプリケーションに対応することが可能です。

***本件に関するお問い合わせ先***

マイクロニックテクノロジーズ株式会社   

広報担当 梁瀬 恵美子                                               

Tel: 042-433-9403  Fax:042-443-0015                 

Mycronic AB
Sven Chetkovich, Director Investor Relations
Tel: +46 70 558 39 19E-mail: info_jp@mycronic.com
E-mail: sven.chetkovich@mycronic.com

Mycronic ABについて

Mycronic ABは、フォトマスク用の極めて高精度なレーザー描画装置と、エレクトロニクス産業向け表面実装装置の開発、製造、販売を行っているスウェーデンのハイテク企業です。レーザー描画装置は、世界中の主要なエレクトロニクス企業において、テレビスクリーン、フラットパネルディスプレイ、半導体の製造に幅広く使われています。ソフトウェアアプリケーションを含む表面実装装置は、電子部品の表面実装と、メタルマスク不要のハンダジェットプリンティングに用いられています。本社はストックホルム北のTäbyにあり、中国、フランス、ドイツ、日本、シンガポール、韓国、台湾、オランダ、イギリス、アメリカに現地子会社を持ちます。ホームページ:www.mycronic.com

Subscribe

Documents & Links