Share

Pick a time period -

半導体用マスク描画装置SLXを受注

2020年12月9日 - Mycronic AB(マイクロニック、本社:スウェーデン、日本法人:マイクロニックテクノロジーズ株式会社、東京都調布市、代表取締役社長:呉 健治)は本日、半導体用フォトマスク描画装置SLX をアジア地域の既存顧客から受注したことを発表しました。受注金額の価格帯は400~500万USドルで、2021年第3四半期に出荷される予定です。 2019年10月に発表されたレーザーマスク描画装置SLXは、長期的なトレンドを背景に半導体業界で需要が高まっているフォトマスクに対応するとともに、今後予想される老朽化した装置の置き換えおよび近代化のサイクルをサポートします。半導体製造におけるフォトマスクの約70~75%がレーザーマスク描画装置によって描画されており、その位置づけは今後更に重要になると言えます。最新の半導体用マスク描画装置SLXは、マイクロニックのディスプレイ用マスク描画装置と同じ技術をベースにしています。 マイクロニック 描画装置担当上級副社長Charlott Samuelssonのコメント: 「成長を続ける戦略的に重要な市場において、SLXを既存のお客様にご提供できる機会を得られたことを嬉しく思います。市場の高い関心を反映したSLXの導入により、マイクロニックはマスク描画装置分野での製品拡充および強化に至りました。」

半導体用マスク描画装置 SLX を 2 台受注

2020年12月4日 - Mycronic AB(マイクロニック、本社:スウェーデン、日本法人:マイクロニックテクノロジーズ株式会社、東京都調布市、代表取締役社長:呉 健治)は本日、半導体用フォトマスク描画装置SLX を米国の既存顧客から2台受注したことを発表しました。受注金額の価格帯は2台合計で1,200~1,600万USドルで、1台目は2022年第1四半期に、2台目は同年第3四半期に出荷される予定です。2019年10月に発表されたレーザーマスク描画装置SLXは、長期的なトレンドを背景に半導体業界で需要が高まっているフォトマスクに対応するとともに、今後予想される老朽化した装置の置き換えおよび近代化のサイクルをサポートします。半導体製造におけるフォトマスクの約70~75%がレーザーマスク描画装置によって描画されており、その位置づけは今後更に重要になると言えます。最新の半導体用マスク描画装置SLXは、マイクロニックのディスプレイ用マスク描画装置と同じ技術をベースにしています。 マイクロニック 描画装置担当上級副社長Charlott Samuelssonのコメント: 「既存のお客様からSLXマスク描画装置の追加の納品をご依頼いただけたことを誇りに思います。SLXには引き続き大きな関心が寄せられております。弊社の製品計画が、

レーザーマスク描画装置 SLX と Prexision Lite 8 Evo を受注

Mycronic AB(マイクロニック、本社:スウェーデン、日本法人:マイクロニックテクノロジーズ株式会社、東京都調布市、代表取締役社長:呉 健治)は本日、フォトマスク描画装置SLX とPrexision Lite 8 Evoをアジア地域のお客様から受注したことを発表しました。Prexision Lite 8 Evoは旧型装置の買い替えによるご購入で、本受注の価格帯は合計1,200~1,400万USドルです。SLXは2021年第2四半期に、Prexision Lite 8 Evo は同年第3四半期に出荷される予定です。 2019年10月に発表されたレーザーマスク描画装置SLXは、長期的なトレンドを背景に半導体業界で需要が高まるフォトマスクに対応するとともに、今後予想される老朽化した装置の置き換えおよび近代化をサポートします。マスク描画装置SLXは、マイクロニックのすべての新装置と共通の最新コントロールプラットフォームEvoをベースにしています。 2019年に発表されたレーザーマスク描画装置Prexision Lite 8 Evoは、第8世代マスクサイズまでのボリュームゾーンのフォトマスクをコスト効率良く製造するというご要望にお応えするために設計されました。今回、Prexision Lite 8 Evoは旧型装置の買い替えでご発注いただきました。

半導体用マスク描画装置 SLX を 2 台受注

2020年3月17日 - Mycronic AB(マイクロニック、本社:スウェーデン、日本法人:マイクロニックテクノロジーズ株式会社、東京都調布市、代表取締役社長:榎本 弘)は本日、半導体用フォトマスク描画装置SLXを米インテル社から2台受注したことを発表しました。今回受注したお客様指定仕様のSLXの価格帯は2台合計で1,000~1,500万USドルで、1台目は2021年上期に、2台目は同年下期に出荷される予定です。   2019年10月に発表されたレーザーマスク描画装置SLXは、長期的なトレンドを背景に半導体業界で需要が高まっているフォトマスクに対応するとともに、今後予想される老朽化した装置の置き換えおよび近代化のサイクルをサポートします。半導体製造におけるフォトマスクの約70~75%がレーザーマスク描画装置によって描画されており、その位置づけは今後更に重要になると言えます。最新の半導体用マスク描画装置SLXは、ディスプレイ用マスク描画装置と同じ技術をベースにしており、先日発表したEvoコントロールプラットフォームを搭載しています。   マイクロニックはフォトマスクを製造するマスク描画装置を提供しており、様々な分野で使用されています。ディスプレイ(テレビ、スマートフォン、タブレット等)用、半導体用及びマルチパーパス用の描画装置を取り揃えており、

ディスプレイ用最先端マスク描画装置 Prexision 800 Evo を受注

2020年3月4日 - Mycronic AB(マイクロニック、本社:スウェーデン、日本法人:マイクロニックテクノロジーズ株式会社、東京都調布市、代表取締役社長:榎本 弘)は本日、ディスプレイ用フォトマスク描画装置Prexision 800 Evoをアジア地域で受注したことを発表しました。受注金額の価格帯は3500~4000万USドルで、2021年第1四半期に出荷される予定です。 マイクロニックはフォトマスクを製造するマスク描画装置をご提供しており、様々な分野で使用されています。ディスプレイ(テレビ、スマートフォン、タブレット等)用及びマルチパーパス用の描画装置を取り揃えており、幅広いアプリケーションに対応することが可能です。それに加えて、マイクロニックは半導体用レーザーマスク描画装置の新製品「SLX」を先日発表しました。 フル機能のPrexision 800 Evoは、生産性を維持しながら、従来機に比べ約25%高精細なパターンを描画できます。これにより、スマートフォンやタブレット向け有機ELディスプレイ用の最先端でクリティカルなフォトマスクの効率的な生産を実現します。 マイクロニック 描画装置担当上級副社長Charlott Samuelssonのコメント: 「今回で4台目となるPrexision 800 Evoの受注は、

半導体用マスク描画装置SLXを受注

2020年2月18日 - Mycronic AB(マイクロニック、本社:スウェーデン、日本法人:マイクロニックテクノロジーズ株式会社、東京都調布市、代表取締役社長:榎本 弘)は本日、半導体用フォトマスク描画装置SLXをアジア地域の顧客から受注したことを発表しました。ご発注頂いたのはマイクロニックの装置を既に複数台保有している顧客です。今回受注したコンフィギュレーションのSLXの価格帯は300~400万USドルで、2020年第4四半期に出荷される予定です。   2019年10月に発表されたレーザーマスク描画装置SLXは、長期的なトレンドを背景に半導体業界で需要が高まっているフォトマスクに対応するとともに、今後予想される老朽化した装置の置き換えおよび近代化のサイクルをサポートします。半導体製造におけるフォトマスクの約70~75%がレーザーマスク描画装置によって描画されており、その位置づけは今後更に重要になると言えます。最新の半導体用マスク描画装置SLXは、ディスプレイ用マスク描画装置と同じ技術をベースにしており、先日発表したEvoコントロールプラットフォームを搭載しています。   マイクロニックはフォトマスクを製造するマスク描画装置を提供しており、様々な分野で使用されています。ディスプレイ(テレビ、スマートフォン、タブレット等)用、

半導体用マスク描画装置 SLX を初受注

2020年1月16日 - Mycronic AB(マイクロニック、本社:スウェーデン、日本法人:マイクロニックテクノロジーズ株式会社、東京都調布市、代表取締役社長:榎本 弘)は本日、半導体用フォトマスク描画装置SLXをアジア地域の顧客から初めて受注したことを発表しました。発注したのは半導体業界の顧客で、マイクロニックの旧世代の装置を保有しています。受注金額の価格帯は400~500万USドルで、2021年第1四半期に出荷される予定です。 レーザーマスク描画装置SLXは、長期的なトレンドを背景に半導体業界で需要が高まっているローエンドのフォトマスクに対応するとともに、今後予想される老朽化した装置の置き換えおよび近代化のサイクルをサポートするために、2019年10月に発表されました。この領域は半導体製造において、フォトマスク全体の70~75%を占める重要な事業です。最新の半導体用マスク描画装置SLXは、ディスプレイ用マスク描画装置と同じ技術をベースにしており、先日発表したEvoコントロールプラットフォームを搭載しています。 マイクロニックはフォトマスクを製造するマスク描画装置をご提供しており、様々な分野で使用されています。ディスプレイ(テレビ、スマートフォン、タブレット等)用、半導体用及びマルチパーパス用の描画装置を取り揃えており、

ディスプレイ用最先端マスク描画装置と座標測定装置を受注

2019年12月19日 - Mycronic AB(マイクロニック、本社:スウェーデン、日本法人:マイクロニックテクノロジーズ株式会社、東京都調布市、代表取締役社長:榎本 弘)は本日、ディスプレイ用フォトマスク描画装置Prexision 800 Evo及び最先端フォトマスクの品質保証を可能にするマスク測定装置Prexision MMSを受注したことを発表しました。アジア地域の既存顧客からの受注で、受注金額の価格帯は4300~4800万USドルです。Prexision 800 Evoは2020年第3四半期に、Prexision MMSは2021年第2四半期に出荷される予定です。 マイクロニックはフォトマスクを製造するマスク描画装置をご提供しており、様々な分野で使用されています。ディスプレイ(テレビ、スマートフォン、タブレット等)用及びマルチパーパス用の描画装置を取り揃えており、幅広いアプリケーションに対応することが可能です。それに加えて、マイクロニックは半導体用レーザーマスク描画装置の新製品「SLX」を先日発表しました。 フル機能のPrexision 800 Evoは、生産性を維持しながら、従来機に比べ約25%高精細なパターンを描画できます。これにより、スマートフォンやタブレット向け有機ELディスプレイ用の最先端でクリティカルなフォトマスクの効率的な生産を実現します。

マスク描画装置 Prexision のアップグレードを 受注

2019年12月6日 ー Mycronic AB(マイクロニック、本社:スウェーデン、日本法人:マイクロニックテクノロジーズ株式会社、東京都調布市、代表取締役社長:榎本 弘)は本日、マスク描画装置Prexisionのアップグレードを受注したことを発表しました。既に受注済みのPrexision-8のアップグレードで、G6フォトマスク製造用に限定されていた装置が今回のアップグレードによりフルスケールのG8フォトマスク製造が可能になります。アジア地域のお客様からの受注で、価格帯は300万~400万USドルです。Prexision-8は2019年12月出荷予定で、アップグレードは2020年第1四半期に実施される予定です。  マイクロニックはフォトマスクを製造するマスク描画装置をご提供しており、様々な分野で使用されています。ディスプレイ(テレビ、スマートフォン、タブレット等)用及びマルチパーパス用の描画装置を取り揃えており、幅広いアプリケーションに対応することが可能です。それに加えて、マイクロニックは半導体用レーザーマスク描画装置の新製品「SLX」を先日発表しました。   マイクロニック 描画装置担当上級副社長 Charlott Samuelssonのコメント: 「今回のアップグレードにより、お客様は第8世代までのフォトマスクをフル機能で製造できるようになります。

新製品:半導体用の新しいマスク描画装置 SLX を発表

2019年10月23日-Mycronic AB(マイクロニック、本社:スウェーデン、日本法人:マイクロニックテクノロジーズ株式会社、東京都調布市、代表取締役社長:榎本 弘)は本日、半導体用レーザーマスク描画装置SLXを発表しました。同社にとって半導体市場へ再参入となり、初号機の出荷は2020年末頃を予定しています。SLXは、長期的なトレンドを背景に半導体業界で需要が高まっているローエンドのフォトマスクに対応するとともに、今後予想される老朽化した装置の置き換えおよび近代化のサイクルをサポートするために発表されました。推計によると、半導体市場では今後1年当たり5~8台の描画装置の需要が見込まれ、レーザーマスク描画装置の市場は3,000万~5,000万米ドルと推定されています。競合が存在する分野ですが、マイクロニックは今後の需要の大部分を獲得することを長期的な目標としています。   マイクロニックはフォトマスクを製造する先進的なマスク描画装置をご提供しており、様々な分野で使用されています。現在販売中の装置はディスプレイ(テレビ、スマートフォン、タブレット等)用及びマルチパーパス用の描画装置で、幅広いアプリケーションに対応することが可能です。また、過去に販売した半導体用レーザーマスク描画装置Sigma及びOmegaの保守サービスも行っています。

マスク描画装置Prexision-8 Evoを受注

2019年10月18日ーMycronic AB(マイクロニック、本社:スウェーデン、日本法人:マイクロニックテクノロジーズ株式会社、東京都調布市、代表取締役社長:榎本 弘)は本日、フォトマスク描画装置Prexision-8 Evoをアジア地区の既存顧客から受注したことを発表しました。受注金額の価格帯は1800~2300万USドルで、2020年第4四半期に出荷される予定です。 マイクロニックはフォトマスクを製造するマスク描画装置をご提供しており、様々な分野で使用されています。ディスプレイ(テレビ、スマートフォン、タブレット等)用及びマルチパーパス用の描画装置を取り揃えており、幅広いアプリケーションに対応することが可能です。 Prexision-8は、ディスプレイアプリケーション用の先端フォトマスク描画装置です。発売されたのは10年前ですが、コントロールプラットフォームを「Evo」に刷新し、アップデートされています。 今年9月に発表された「Evo」コントロールプラットフォームは、生産自動化とビッグデータアプリケーションの両方における将来の要求を満たすように設計された、新しいソフトウェアおよびハードウェアアーキテクチャを基礎としています。 マイクロニック 描画装置担当上級副社長Charlott Samuelssonのコメント:

マスク描画装置Prexision Lite 8 Evoを2台受注

2019年10月10日-Mycronic AB(マイクロニック、本社:スウェーデン、日本法人:マイクロニックテクノロジーズ株式会社、東京都調布市、代表取締役社長:榎本 弘)は本日、ディスプレイ用フォトマスク描画装置をアジア地区に展開するPhotronics Incから受注したことを発表しました。受注した装置は「Prexision Lite 8 Evo」2台で、同装置初の受注となりました。受注金額の価格帯は2000~2500万USドルです。1台目は2021年第1四半期に、2台目は2021年第2四半期に出荷される予定です。  マイクロニックはフォトマスクを製造するマスク描画装置をご提供しており、様々な分野で使用されています。ディスプレイ(テレビ、スマートフォン、タブレット等)用及びマルチパーパス用の描画装置を取り揃えており、幅広いアプリケーションに対応することが可能です。  今年4月に発表されたPrexision Lite 8は、最新のコントロールプラットフォームEvoをベースにしており、G8マスクサイズまでの主流のディスプレイ用フォトマスクをコスト効率良く生産するという要求を満たすように設計されています。ディスプレイ用フォトマスクは高精度化という明確なトレンドがある一方、ボリュームゾーンのフォトマスク市場は、依然として重要なセグメントです。

マスク描画装置の新しいコントロールプラットフォーム「Evo」を発表

2019年9月30日-Mycronic AB(マイクロニック、本社:スウェーデン、日本法人:マイクロニックテクノロジーズ株式会社、東京都調布市、代表取締役社長:榎本 弘)は本日、マスク描画装置の新しいコントロールプラットフォーム「Evo」を発表しました。Evoは最新の技術をベースにしており、生産の自動化や高度な接続機能およびデータ処理等、フォトマスク製造における新しい要求を可能にするために設計されました。  マイクロニックはフォトマスクを製造するマスク描画装置をご提供しており、様々な分野で使用されています。ディスプレイ(テレビ、スマートフォン、タブレット等)用及びマルチパーパス用の描画装置を取り揃えており、幅広いアプリケーションに対応することが可能です。  自動化とデータ分析のレベルが高まる傾向にあるフォトマスク業界では、より高い歩留まりを達成するために、よりクリーンで最適化され、安定した生産環境が必要とされています。このトレンドをサポートするために、マイクロニックはEvoプラットフォームを開発しました。  Evoコントロールプラットフォームは、生産自動化とビッグデータアプリケーションの両方における将来の要求を満たすように設計された、新しいソフトウェアおよびハードウェアアーキテクチャを基礎としています。

最先端マスク描画装置を受注

2019年7月15日ーMycronic AB(マイクロニック、本社:スウェーデン、日本法人:マイクロニックテクノロジーズ株式会社、東京都調布市、代表取締役社長:榎本 弘)は本日、ディスプレイ用フォトマスク描画装置をアジア地区の既存顧客から受注したことを発表しました。受注した装置はPrexision-10で、G8フォトマスク製造用に一部機能が制限されていますが、将来フルスケールのG10フォトマスク製造用にアップグレード可能です。当装置の価格帯は3000~3500万USドルで、2020年第4四半期に出荷される予定です。 マイクロニックはフォトマスクを製造するマスク描画装置をご提供しており、様々な分野で使用されています。ディスプレイ(テレビ、スマートフォン、タブレット等)用及びマルチパーパス用の描画装置を取り揃えております。マルチパーパス用の装置は電子パッケージ、MEMS、タッチパネル等、幅広いアプリケーションに対応することが可能です。 マイクロニック 描画装置担当上級副社長Charlott Samuelssonのコメント: 「今回ご注文いただいたサイズ制限されたPrexision-10はG8フォトマスク製造が可能で、将来アップグレードされた後はG10フォトマスクの製造も可能になります。お客様にとっても、

新製品:成熟したフォトマスク市場向けにコスト効率に優れたマスク描画装置を発表

2019年4月16日ーMycronic AB(マイクロニック、本社:スウェーデン、日本法人:マイクロニックテクノロジーズ株式会社、東京都調布市、代表取締役社長:マグナス・ローベリー)は本日、ローエンドからミドルレンジのディスプレイフォトマスク用マスク描画装置Prexision Lite 8を発表しました。 マイクロニックはフォトマスクを製造するマスク描画装置をご提供しており、様々な分野で使用されています。ディスプレイ(テレビ、スマートフォン、タブレット等)用及びマルチパーパス用の描画装置を取り揃えており、幅広いアプリケーションに対応することが可能です。 Prexision Lite 8は新しいプラットフォームをベースにしており、ディスプレイの主流であるG8マスクサイズまでのフォトマスクをコスト効率良く製造するというご要望にお応えするために設計されました。ディスプレイ向けフォトマスクは、高精細化への明確なトレンドがありますが、同時にローエンドからミドルレンジの市場は今後も依然として重要なセグメントであり続けると予想されています。 Prexision Lite 8は上位機種のPrexision 8を補完する装置であり、 様々なお客様のニーズにお応えするため、マスク描画装置の製品ラインナップを拡充しました。Prexision Lite 8は、

最先端マスク描画装置を受注

2018年10月17日 - Mycronic AB(マイクロニック、本社:スウェーデン、日本法人:マイクロニックテクノロジーズ株式会社、東京都調布市、代表取締役社長:マグナス・ローベリー)は本日、ディスプレイ用フォトマスク描画装置Prexision-800をアジア地区のお客様から受注したことを発表しました。装置は一部機能が制限されており、2019年第2四半期に出荷される予定です。受注金額は既存装置へのアップグレードを含み3000~3500万USドルです。 マイクロニックはフォトマスクを製造するマスク描画装置をご提供しており、様々な分野で使用されています。ディスプレイ(テレビ、スマートフォン、タブレット等)用及びマルチパーパス用の描画装置を取り揃えております。マルチパーパス用の装置は電子パッケージ、MEMS、タッチパネル等、幅広いアプリケーションに対応することが可能です。 マイクロニックの最先端フォトマスク描画装置Prexision-800は、生産性を維持しながら、従来の装置に比べ25%以上小さなパターン形成を可能にしました。4Kスマートフォン用ディスプレイや先端有機ELディスプレイ等、未来のディスプレイ用フォトマスクの効率的な生産を実現します。 マイクロニック上級副社長兼PGゼネラルマネージャーCharlott Samuelssonのコメント:

There are no items matching the current filter
There are no more items matching the current filter
Back to top

Subscribe