世界初の Mobility-as-a-Service (モビリティ ・アズ・ア・サービス ) 事業者である MaaS Global 社が 2,950 万ユーロの資金調達に成功

MaaS Global社はBP Ventures、三井不動産、三菱商事、Nordic Ninja社から新規に融資を受け、同社の総資本は5,370万ユーロに増額しました。

フィンランド、ヘルシンキ 7 201910 - 世界初のMobility-as-a-Service(モビリティ・アズ・ア・サービス)事業者であり、移動サービスアプリ「Whim」で知られるMaaS Global社が2,950万ユーロ(3,270万ドル)の資金調達に成功し、同社の総資金を5,370万ユーロ 5,950万ドル)まで伸ばしました。

 以前より投資を行っていた企業も、今回の投資ラウンドに参加しています。

「ここまで厚い支援を得られることを嬉しく思います。これまでに培われた経験とビジョンで、世界中に旋風を巻きおこすことができると考えています」とMaaS GlobalCEO及び創業者であるSampo Hietanen氏は語ります。「新規投資により、新たな国々でもビジネス展開が可能になります。」

ヨーロッパでサービスが開始された201711月以降、統合的MaaSを提供するWhim600万以上の移動のサポートに携わってきました。電車、バス、タクシー、レンタカーなどさまざまな交通手段を組み合わせたルート検索、予約、発券、支払を提供するモバイルアプリです。 

フィンランドのヘルシンキに拠点を置くMaaS Global社は、2020年にWhimのサービスエリアをヨーロッパの新規都市、日本、シンガポール、北米へと拡大する予定です。

 新規投資家は、既存のサービスと潜在的なグローバル成長の可能性の両方に魅力を感じています。MaaS事業は、2030年までに収益額が履く5,000億ドルまで成長すると予測されています。

 MaaS Globalのチームはモビリティの進化の最前線にいます。テクノロジーの力で、自家用車による移動だけでなく、簡単に様々な交通手段にアクセスすることが可能になりました。我々が協力することで、交通手段、モビリティ、そして統合型都市におけるBPの将来的ビジョンを示す良い見本となるでしょう」と、BP Advanced Mobilityの副社長であるRoy Williamson氏は語ります。

MaaS Globalのデジタル、そして持続可能な未来を築き上げる旅に参加できたことを誇りに思っています。消費者と都市それぞれが日常生活の利便性を高め、汚染を削減するためのスマートなソリューションを探し求めている中、MaaS市場は急速に成長すると予想しています」 と、三菱商事の自動車・モビリティグループ社長の近藤恭哉氏は語ります。

詳しいお問い合わせ
Veera Aalto, Communications Lead, MaaS Global
+358 40 7427379
press@whimapp.com

Press images: http://bit.ly/MaaSGlobal_investmentround    

 

MaaS Global 及びWhimについて

MaaS Global社は世界初のMaaSMobility-as-a-Serviceの略)事業者であり、受賞歴もあるアプリ「Whim」を運営、1つのアプリですべての都市交通サービスの利用が可能になります。Whimを月額製で使用すると、ユーザーは公共交通機関、タクシー、車、およびその他数々の交通手段を利用し希望する場所と時間を指定したうえで移動することができます。Whimは、ユーザーの日々の移動に革命をもたらしました。MaaS Global社は2015年に設立され、本社はフィンランドのヘルシンキに本社にあります。Whimアプリは現在フィンランドのヘルシンキ、イギリスのバーミンガム、ベルギーのアントワープで利用可能です。同社への投資企業は、BP Ventures、三菱商事、三井不動産、Nordic Ninjaといった面々で、投資総額は約5,370万ユーロとなっています。
https://whimapp.com

三菱商事について

三菱商事は、幅広い分野で事業を展開しているグローバル企業であり: 天然ガス、総合素材、石油・化学、金属資源、産業インフラ、自動車・モビリティ、食品産業、コンシューマー産業、電力ソリューション、複合都市開発を事業領域とした10グループで構成されています。三菱商事は、1954年に東京で創立されました。同社の社長及びCEOは、垣内威彦氏が務めています。
https://www.mitsubishicorp.com/   

BP Venturesについて

BP Venturesは、民間部門の革新的な急成長テクノロジー企業を選定・投資することを目的に今から10年以上前に設立され、エネルギー分野全体に渡ってイノベーションの加速する一端を担っています。創業以来、BP社は300以上の共同投資家を抱える50社以上のテクノロジー企業に対し、5億ドルを超える投資を行ってきました。世界のエネルギーニーズを満たすと同時に、二酸化炭素排出量の削減という二重の課題に取り組むためのBPの戦略において、重要な役割を果たしているのがベンチャーです。BP Venturesは、アップストリーム事業、ダウンストリーム事業、代替エネルギーの中核ビジネスに重点を置いた新エネルギービジネスの成長に焦点を当てています。さらに、先進モビリティ、炭素削減、デジタルへの戦略的な株式投資も行っています。BP Venturesのシニアプリンシパルを務めるDaniela Proske氏が、MaaS Globalの取締役に就任します。
https://www.bp.com/en/global/bp-ventures.html

Subscribe