Share

Pick a time period -

日本における主要な建築・改築プロジェクトで フィンランドデザインの需要が増加

フィンランドのデザイン会社は、日本での公共および民間の建築プロジェクトにおける需要の増加に対応し、輸出にますます力を注いでいます。特に独創的なデザインと素材、インテリアソリューションが求められる建築・改築プロジェクトにおいて、フィンランドデザインの専門知識への需要が高まっています。11月に東京で開催される業界関係者向けのIFFT/インテリア ライフスタイル リビングにフィンランドの会社が出展します。有名なフィンランドブランドであるマリメッコ、ムーミン、イッタラなどはすでに長い間フィンランドブランドとして日本の消費者に認知されてきました。現在、デザイン、天然でエコロジカル、独創的な素材のソリューションが要求される公共および民間の建築・改築の分野でもフィンランドへの関心が高まっています。最近の例としては、6月から西武鉄道とFinproが飯能駅のリニューアルデザインコンペを実施し、フィンランドのデザイナーを対象としています。 「質が高く最新という特徴を持つフィンランドデザインは、すでに日本でも高い評価を受けています。日本におけるプロジェクト市場は約1200億ユーロと見込まれていますが 、オリンピック関連のホテル開発プロジェクトにより、さらに拡大していくことが期待されています。

There are no items matching the current filter
There are no more items matching the current filter
Back to top

Subscribe